イヤン・ウルリッヒッヒと僕

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツベルクリン
結核の感染を知るための検査をツベルクリンと言いましたね。
今では結核はかなり減少しているということですので、
それはそれは良いことなのですが、
ツベルクリンって何か響きにインパクトがありますね。
ツベルクリン。ツベルクリン。ツベルクリン。
受験生には御法度単語と言えましょうか。
ツベルぞクリンと。ですからね。
何でツベルクリンなのかどうかはいつも通り調べませんが、
真実が分かったからってそれが必ずしも正しいわけではなく、
多少誤っていても想像を楽しんで、想像力を養うことは
大切ですから、これはこれで良しと致しましょう。
相も変わらぬ自己都合な思考と言うことだけは、
真実だと認めておきましょう。
最後にツベルクリン、今回、
これをテーマにした意味が特に無かったことも真実です。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。