イヤン・ウルリッヒッヒと僕

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手弁当
自分で作った弁当を持って行くことだったり、
何かのために自費で働くことをいうようですね。
手弁当。
今日日使う人は少なくなっているのかも知れません。
しかし、そもそも手弁当。
分かるような分からないような言葉ですね。
いつも通りボクなりの説を述べましょう。
お食事中の方は気をつけてね。
手弁当とは、トイレで大をした際にみなさん
お尻をペーパーで拭きまくりだと思いますが、その時に
ペーパーが少なかったのか、拭きかたがワイルドだったのか、
お尻から出てくる奴らがペーパーを乗り越えて手に付着する。
手にベンがヒットする。手ベン当たり。
手弁当。という説になるわけです。
どういう教訓が込められているかというと、
便を手に付けないように注意しましょうということです。
あ、お尻からでるベン、漢字では便でした。
うっかりうっかり。そんな初歩過ぎるミスも人はするわけです。
以後気をつけます。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。